Swanモジュールを紹介。「ジンコソーラージャパンセミナー2019」東京にて開催

2019.08.11 Sun.


8月8日に東京にて開催された
Jinko Solar株式会社は、2019年8月9日、セミナー『ジンコソーラージャパンセミナー2019』の開催レポートを発表した。

Jinko Solarは、太陽光発電産業のグローバルリーダーを自認する企業。同セミナーは、「太陽光発電パネル技術と今後の動向」をテーマとして、同年8月8日に東京にて開催されている。

さらなる革新が求められる太陽光発電業界
近年、太陽光発電のコストは継続的に下がっており、その普及も世界的な規模で拡がりを見せるようになった。しかしそれと同時に、日本・中国をはじめとする地域では補助金が下落しており、太陽光発電業界はさらなる技術革新が求められるようになっている。

同セミナーは、こうした状況に対応すべく開催された。セミナーにおいてJinko Solarは、Swanシリーズモジュールを紹介。両面モジュールである同製品は、効率性・年間発電量・信頼性・LCOE(均等化発電原価)などの指標において、高い性能を誇る。また、軽量化が図られているため、設置が便利という利点も持つ。

技術革新および発展のため、邁進
Swanモジュールは太陽光発電システムのコスト低下を促進すると共に、より高い投資収益率を投資家にもたらすものである。また同製品は、既に中国品質認証センター屋外実証プロジェクトを実施していることも、明らかにしている。

同社は今後も、太陽光発電業界の技術革新および発展のため、邁進するとしている。

(画像はJinko Solarの公式ホームページより)


▼外部リンク

Jinko Solar株式会社
https://www.jinkosolar.com/index.php?lan=jp

ジンコソーラージャパンセミナー2019開催 Swan高効率モジュール技術が趨勢になる - dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000199737/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e9RRGpbwB8.html

|