RAUL「小売電気アドバイザー」資格の取得支援キャンペーン実施中

2019.05.13 Mon.


5月末まで受講料10%割引を実施中
RAUL株式会社は、消費者にとって最適な電力会社を選ぶサポートができるスキルの証明「小売電気アドバイザー」の資格取得支援として、オンライン講座の受講料を10%割引するキャンペーンを5月末まで実施中だ。

自分にあった電力選びをしたい人にもおすすめ
「小売電気アドバイザー」は「NPO法人 日本住宅性能検査協会」が管理・運営している資格で、消費者に対して正しい電力の知識を伝えるとともに、最適な電力会社選びを支援できることを証明するもので、電力小売り関連の仕事をする人はもちろん、自分に最もあった電力選びをしたい人にもおすすめの資格だ。

「小売電気アドバイザー」の資格取得に向けた講座は5時間だが、オンライン講座なので自宅などから自身の都合に合わせて受講することができ、講座受講後にレポートを提出して一定水準以上の成績を収めると資格認定される。

オンライン講座の受講料は通常での申し込みは29,800円で、専用の申し込みフォームより申し込むことで10%割引の26,820円となり、「小売電気アドバイザー」の登録(有効期間:2年)は10,800円でできるとのことだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレスリリース(Dream News)
https://www.dreamnews.jp/press/0000193895/

専用申し込みフォーム(10%割引)
https://pps-net.org/seio

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eS3Jg6y7Vi.html

|