QセルズとTEPCOホームテック、住宅用太陽光発電システムの初期費用0サービス開始

2019.02.07 Thu.


住宅用太陽光発電システムの初期費用「0円」サービス
ハンファQセルズジャパン株式会社(Qセルズ)とTEPCOホームテック株式会社(東京電力グループ)は2月4日、業務提携契約を締結し、同社の省エネ機器初期費用0円サービスである「エネカリ」をベースとした住宅用太陽光発電システムの初期費用「0円」サービスを、同日から協働で提供を開始すると発表した。

サービス名は「Q.HOME ZERO powered by エネカリ」で、この特徴は初期費用が「0円」でQセルズ太陽光発電システムが設置でき、余剰電力分の売電収益は施主側の収入になるほか、10年間の利用契約満了後には無償で設備が譲渡されることとなる。

また、日中に停電した際でも発電していると、(パワーコンディショナ本体のコンセントからの自立運転により)電気が使えるとともに、さらに蓄電池、エコキュート、IHクッキングヒーター等の機器を組み合わせての利用もできることとなる。

そして、このサービスは、国内のどの電力会社と契約していても利用が可能とのこと。

太陽光発電システムと省エネ機器組み合わせの戦略商品
なお、TEPCOホームテックは、「エネカリ」を太陽光発電システムと省エネ機器を組み合わせた戦略商品として位置づけ、今回の高品質・高効率太陽電池モジュールを提供するQセルズとの協働開始により、「エネカリ」のさらなる販売促進を図るという。

またQセルズは、住宅用太陽光発電システムにて新たに「利用型」サービスを開始することで、システムの導入障壁である初期費用問題を解消し、日本での太陽光発電システムの普及と発展に寄与していくとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

TEPCOホームテック プレスリリース
https://www.tepco-ht.co.jp/blog/wp-content/uploads/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eKuISn6MdK.html

|