Jinko Solar、YouTubeにて動画「非接触式Swanモジュール体験」公開

2020.03.29 Sun.


両面発電モジュールの技術を解説
Jinko Solar株式会社は、2020年3月27日、YouTubeにて動画『非接触式Swanモジュール体験』を公開したと発表した。

同社は、太陽光発電産業のグローバルリーダーを自認する企業。公開された『非接触式Swanモジュール体験』は、太陽光発電業界において将来主力製品になると考えられている両面発電モジュールについて、その技術を解説するというもの。

世界で7ヶ所の生産拠点を保有
Jinko Solarは、世界の様々な公益・商業・居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品・ソリューション・サービスを提供・販売している企業。中国を始めとして、米国・日本・ドイツ・チリ・インド・アラブ首長国連邦などで事業を行っており、販売チームも世界中に展開されている。

同社はまた、世界で7ヶ所の生産拠点を保有し、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築している。2019年12月31日時点の生産能力は、太陽光発電モジュールが16GW、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GWとなっている。

透明バックシートタイプが優れると考察
動画『非接触式Swanモジュール体験』では、両面発電モジュールについて両面ガラスタイプと透明バックシートタイプを比較。耐UV性能・耐塩耐アルカリ性・重量・クリーン性の面で、透明バックシートタイプが優れると考察している。

なお、Jinko Solarが展開する『Swan』『Tiger』シリーズの透明バックシートモジュールは、既にGW級の出荷量を突破したという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Jinko Solar株式会社
http://www.jinkosolar.com/jp

ジンコシーラー両面モジュールの技術解析 - dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000212466/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fHriryFqbq.html

|