Jinko Solar、三重県最大級のメガソーラーに98MWのソーラーパネルを提供

2020.01.08 Wed.


2019年の年初に稼働を開始
Jinko Solar株式会社は、2020年1月6日、三重県のメガソーラー(大規模太陽光発電所)に対して98MWのソーラーパネルを提供したと発表した。

Jinko Solarは、太陽光発電産業のグローバルリーダー。今回パネル提供が発表されたメガソーラーは、三重県では最大級となるものであり、2019年の年初に稼働を開始したという。

累計出荷量が55GWに達したJinko Solar
Jinko Solarは、世界の様々な国や地域においてソーラー製品・ソリューション・サービスを提供・販売している。世界6ヶ所に生産拠点を保有すると共に、日本・シンガポール・ドイツ・アメリカ・南アフリカなど15の海外子会社も展開。販売チームも世界各地に展開しており、雇用している従業員数は1万2000人を超える。

2019年9月末までの時点で同社は、シリコンインゴットとウエハーの生産能力が14.5GWに到達。また、太陽電池は9.2GW、太陽光発電モジュールは15GWに達した。2019年年末までには、出荷先は140ヶ国以上におよび、累計顧客数も3500社を突破。累計出荷量も、55GWに達している。

厳格なスクリーニング過程を経て採用
今回Jinko Solarがソーラーパネルを提供した三重県のメガソーラーは、その年間発電量が一般家庭約35000世帯分の消費電力に相当する。同発電所では、厳格なスクリーニング過程を経て、同社の高効率ソーラーパネルを採用したという。

(画像はJinko Solarの公式ホームページより)


▼外部リンク

Jinko Solar株式会社
https://www.jinkosolar.com/index.php?lan=jp

三重県最大98MWのメガソーラー、ジンコソーラーがソーラーパネルを供給 - dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000208077/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fxxWqRgXNq.html

|