CO2ゼロに向けて。アスクル、電気小型トラック「eCanter」の運用開始

2020.01.23 Thu.


EC業界では初の試み
アスクル株式会社は、2020年1月22日、電気小型トラック『eCanter』の運用を開始したと発表した。

同社は、インターネット通信販売サービス『LOHACO』の運営などを手がけるEC企業。電気小型トラックの導入は、同社が掲げる「2030年CO2ゼロチャレンジ」の達成に向けた取り組みとして実施されたものであり、EC業界では初の試みだという。

環境に優しく経済性にも優れる『eCanter』
アスクルは、環境に配慮した流通プラットフォームの構築を目指し、事業の全領域においてCO2の削減を実践してきた。この取り組みをさらに推進すべく、2016年には「2030年CO2ゼロチャレンジ」を宣言。配送に用いる車輛についても、2030年までにすべてEV車輛(電気自動車)にすることを目標に掲げている。

今回発表された『eCanter』の運用開始も、こうした取り組みの一環として行われたもの。『eCanter』は、三菱ふそうトラック・バス株式会社が開発した電気小型トラック。高電圧リチウムイオンバッテリーパック6個により約100kmの航続距離を実現し、環境に優しく経済性にも優れることが証明されている。

ドライバーへの負担も軽減できる
アスクルにおいて『eCanter』は、顧客への配送の一部や、また家具など大型商品の配達の際に使用される。CO2排出量の低減効果と共に、騒音・振動の少なさからドライバーへの負担も軽減できる点で、同社は『eCanter』を評価している。

同社は今後も、ECに欠かせない配送の領域においてEV車輛導入を進めることで、「2030年CO2ゼロチャレンジ」の取り組みを着実に推進させるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

EC業界初!電気小型トラック『eCanter』を導入 - アスクル株式会社
https://pdf.irpocket.com/C0032/xFFN/w0Ea/Rugu.pdf

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fyGVO3btdi.html

|