電力自由化とブロックチェーン チームAIBODが協業

2019.07.17 Wed.


チームAIBODとカウラ AI+ブロックチェーン協業
2019年7月9日、株式会社チームAIBODはホームページにおいて、カウラ株式会社とのAIおよびブロックチェーン分野での協業についての記事が、日本経済新聞電子版に掲載されたことを発表した。

ブロックチェーンは様々な分野から注目を浴びる新技術で、これからの再生可能エネルギー分野の成長にも深く関わるものだ。特に太陽光発電においては、電力自由化により新電力の参入が急増したことや、今後、個人間での電力のやりとりが予想されることを鑑みても、さらなる発展が期待される技術である。

電力・エネルギー分野へデジタル知財戦略
株式会社チームAIBODとカウラ株式会社はこうした情勢を受け、電力を中心に等価交換および経済的価値の交換を実現するべく、協業を決断した。再生可能エネルギーの価値を最大化し、電力を経済的価値として交換可能なプラットフォームの提供を目指す。

AIとブロックチェーン技術のノウハウを共有することと、コンサルティングの提供が協業の第一の目的である。第二の目的は、発電予測、電力需要予測、電力価格予測などの予測機能を組み込んだ経済的価値交換プラットフォームの開発だ。ゆくゆくは、電力・エネルギー分野を対象にデジタル知財戦略を展開する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社チームAIBOD Team AIBOD News
https://www.aibod.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e3u9Xa2n6M.html

|