関西電力が「太陽光発電オンサイトサービス」開始

2019.05.21 Tue.


法人向けに設計から設備運用までワンストップで
関西電力が5月16日、法人向けの新たなサービスとして、「太陽光発電オンサイトサービス」を全国で提供開始した。

このサービスでは店舗や工場などの屋根などを借りて、関西電力が太陽光発電設備を設置して所有する。同社がシステムの設計から運用・メンテナンスまでのサービスをワンストップで提供し、顧客は初期投資ゼロで得られた電力を自家消費し、消費量に応じてサービス料金を支払う。

サービスのメリットとしては、まずCO2フリーの電気を使用できること。システムの設置からメンテナンスまでを関西電力が担当するため、客側の負担が少ない。さらに自家消費で電力系統からの購入量が減少することで、電気料金の削減も期待できる。

低廉で魅力あるサービスを提供、他の電源へも対応を
関西電力は「低炭素」のリーディングカンパニーとして、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでいる。

新サービスではこれまで培ってきたソリューション力を活かして、低廉で魅力あるサービスの提供に努めるとともに、今後は太陽光発電以外でもオンサイト電源に対応できるよう、サービスの拡充も検討している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

関西電力 リリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0516_1j.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eTv7Pz775K.html

|