長野県上田市 「屋根貸付事業」を行う事業者の募集を開始

2019.07.17 Wed.


市所有施設の屋根を有償で貸し付ける
上田市は、上田市所有の西部公民館の屋根を利用した太陽光発電の事業を行う事業者の募集を開始した。申込期間は2019年7月16日(火)までで、入札は7月22日(月)としている。

貸付料、年額100円/平米を最低価格と設定
「太陽光発電上田市所有施設屋根等貸付事業」は、市で所有している施設の屋根を有償で貸し付け、借り受けた屋根を活用し事業者は太陽光発電事業を行う。

貸付料金は1平米あたり年額100円(税抜き)を最低価格とし、入札で最高価格を提示した事業者と契約する。

上田市内に本店、支店などの営業拠点を有する法人が応募対象だ。複数の事業者が参加し共同事業として応募することも可能。

地域貢献として、災害時には市が無償で電力を使用できるようコンセントが付属する太陽光発電設備を設置することを要件としている。

地理的利点を生かした太陽光発電の普及を促進
同事業への応募状況や、採用された設置事業者名などは市のホームページで公表する予定だ。

全国有数の日射量がある上田市は、太陽光発電において優位な利点を生かすべく、公共施設の改修時に太陽光発電設備を設置するなど、太陽光発電の普及を推進してきた。

再エネの導入および発電量増加を促進し、温室効果ガス削減に努める。

(画像は上田市ホームページより)


▼外部リンク

上田市ホームページ
http://www.city.ueda.nagano.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e3AP34ybI4.html

|