長野県 信州屋根ソーラーポテンシャルマップお披露目

2019.06.19 Wed.


信州屋根ソーラーポテンシャルマップ始まる
「信州屋根ソーラーポテンシャルマップ」が、長野県のホームページにおいて公開された。地域の屋根の面積や日照時間、屋根の傾斜などに応じて、太陽光発電・太陽熱利用のポテンシャル値を確認することができる。

長野県は、平成30年9月に「信州の屋根ソーラー普及検討会」を、関係業界と協同して立ち上げた。長野県の持つ、太陽光・水力等が豊富な土地の特長を、最大限活かしたい考えだ。長野県、市町村をはじめ、太陽光、自動車、住宅、金融、福祉、経済などの関係団体から構成される。

「信州の屋根ソーラー普及検討会」は、太陽光発電および太陽熱利用設備(屋根ソーラー)の普及を目指し、ポテンシャルの「見える化」を進めてきた。企業や一般家庭を問わず、建築物の屋根部分で得られる太陽エネルギーを積極的に活用し、省エネルギーと経済活性化をはかる狙いがある。

普及の後押しに 補助金制度
長野県では、太陽エネルギー導入に関する補助金等を充実させている。家庭(住宅)向けの助成制度としては、リフォーム(対象は省エネルギー化)、木造住宅の新築の際に、費用の一部が助成される、環境配慮型住宅普及促進事業がある。

そのほか、民間・公共施設向けの補助制度には、地域主導型自然エネルギー創出支援事業(太陽熱利用)、中小企業向けの支援制度として、長野県中小企業制度融資など、各方面へ細やかな配慮がなされており、長野県が自然エネルギー普及へ注力していることがわかる。

長野県は
省エネルギー対策や、太陽光・水力などに恵まれた地域特性を活かした再生可能エネルギーの普及を推進し、再生可能エネルギー100%地域の実現を目指します。(信州環境パートナーシップだより環(たまき)vol.88より引用)
と明言している。

(画像は長野県ホームページより)


▼外部リンク

長野県 信州の屋根ソーラー普及事業
https://www.pref.nagano.lg.jp/

信州環境パートナーシップだより環(たまき)vol.88
https://www.pref.nagano.lg.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eXO23FeKQQ.html

|