長崎県が再生可能エネルギー推進フォーラム開催

2019.07.20 Sat.


『ナガサキ・グリーンニューディール』プロジェクト
2019年7月12日、長崎県はホームページにおいて、令和元年度長崎県再生可能エネルギー推進フォーラム開催を発表した。

長崎県内企業の再生可能エネルギー関連産業拡大、地域での再生可能エネルギー活用推進を目的に開催されるものだ。基調講演に加え、先進的な再生可能エネルギー活用に対する取り組みを具体例とともに説明する。

長崎県は平成22年度に「長崎県総合計画」において、『ナガサキ・グリーンニューディール』を政策横断プロジェクトとして策定した。その後、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー導入拡大を含め、「社会の低炭素化・グリーン化の実現」を目標として社会システム構築を推進してきた。

基調講演と事例発表
「再生可能エネルギーの光と影/再エネ導入拡大のためには何が必要なのか」という基調講演の登壇者は、国際環境経済研究所所長常葉大学経営学部教授山本隆三氏である。

事例発表の1つ目は、「地域新電力による再生可能エネルギーの活用」五島市民電力株式会社代表取締役社長橋本武敏氏だ。同社は電力自由化後、経済産業大臣により登録された小売電気事業者で、長崎・五島の自然エネルギー新電力として地域貢献プロジェクトを推進している。

2つ目は有限会社県央リサイクル開発代表取締役梅本昌秀氏による「産業廃棄物の地場リサイクル取り組みと福祉との融合を目指して」である。基調講演と事例発表の後は、長崎県農協会館地下1階レストランにおいて、会費制の親睦交流会が行われる。

再生可能エネルギー推進フォーラム申込みについて
主催は長崎県、共催は長崎県環境・エネルギー産業ネットワークで、開催日時は2019年7月24日(水曜日)15時10分~19時30分、長崎県農協会館7階701会議室にて開催される。

申込みは、Eメール、ファックス、申込みフォームより2019年7月19日(金曜日)まで受け付ける。

(画像は長崎県ホームページより)


▼外部リンク

長崎県ホームページ
http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/398174/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e4hqTMTGZu.html

|