近畿経産局、大阪のバイオマス資源を有効活用する取組と事例紹介のセミナー開催

2019.01.13 Sun.  


「バイオマスセミナーin大阪」を開催
経済産業省近畿経済産業局は1月11日、地域のバイオマス資源を有効活用することにより、循環型社会形成と地域活性化を目指す取組や事例等について紹介するセミナーを、2月13日の14:00から大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8-2-6)で開催すると発表した。

また同セミナーに先立ち、同日の10:30から大阪市平野下水処理場(大阪市平野区加美北2-6-69)の施設見学会が実施され、担当者による施設概要説明の後、汚泥固形燃料化事業施設(汚泥炭化炉)を案内するとのこと。

都市部で発生するバイオマスをエネルギーや高付加価値な材料等として有効活用することで、地域における経済活性化、雇用機会の創出、企業価値の創造、SDGsの達成などを目指す企業や自治体が現れているという。

セミナーでは、都市部で発生するバイオマスをテーマに研究者や実践者による取組や今後の展望に関する紹介のほか、講演者をパネリストに迎え、「都市バイオマスの有効活用から、新たな価値の創出」について、その可能性や課題について参加者との意見交換を行うこととしている。

セミナーへの参加申込受付は先着順(2月8日締切)
これへの参加は無料で、定員は施設見学会が30名、セミナーが100名となり、見学会のみの参加は不可となっている。自治体や企業の担当者など、関心ある人に参加を呼びかけている。

なお、セミナーへの参加申込締切日は2月8日となっているが、原則として申込受付先着順となる。この申込等は、下記にリンクの「申込受付用ページ」か「案内チラシ」(PDF)から可能となっている。

(画像はプレスリリース「申込受付用ページ」より)


▼外部リンク

近畿経済産業局 プレスリリース
http://www.kansai.meti.go.jp/3-6kankyo/H30fy/

「申込受付用ページ」
http://www.dan-dan.com/o-biomass/

「案内チラシ」 
http://www.kansai.meti.go.jp/3-6kankyo/H30fy/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eHYxOLvgi2.html

|