資源総合システム、住宅用蓄電・太陽光発電システムの価格調査を開始

2020.05.01 Fri.


事業者を対象として価格調査を実施
株式会社資源総合システムは、2020年4月23日、住宅用蓄電・太陽光発電システム価格に関するアンケート調査を、事業者を対象として実施すると発表した。

同社は、太陽光発電事業に関するコンサルティング業務を展開している企業。同調査は、住宅用蓄電・太陽光発電システム価格が近年急速に変化している状況を鑑み、用途ごとの価格体系を取りまとめるべく実施される。

価格体系を用途ごとにまとめ、情報発信で活用
資源総合システムは、太陽光発電をめぐる市場・産業・政策・技術について、35年以上にわたって国内外の動向を注視し続けてきた。調査と共に分析も行った上で、市場予測の発信や、技術開発・事業化・普及の各段階に対するサポートを提供。産業界の事業や国の施策推進に貢献し、再生可能エネルギーや太陽光発電産業の発展を支援している。

同社は、住宅用蓄電・太陽光発電システムの価格が近年急速な変化していることに着目。この価格の体系を用途ごとにまとめ、情報発信において活用すべく、今回の調査実施を決定した。取りまとめられた調査結果は、定期刊行物・論文・政府資料などへの掲載が見込まれているという。

回答した事業者には特典を後日進呈
同調査は、住宅用蓄電・太陽光発電システムを取り扱うあらゆる事業者を対象としている。太陽光発電システムや住宅設備の販売を手がける業者に始まり、商社・流通業者やデベロッパー、公的機関やNPOなども対象には含まれる。

なお回答した事業者には特典として、資源総合システムが刊行する『住宅用蓄電・太陽光発電システム市場見通し』のサマリー版あなどが、後日進呈される。

(画像は資源総合システムの公式ホームページより)


▼外部リンク

住宅用蓄電・太陽光発電システム価格に関するアンケート調査へのご協力のお願い - 株式会社資源総合システム
https://www.rts-pv.com/news/202004_7459/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fKXWI1UJ2O.html

|