蓄電池の充放電効率をAIで最適化。NextDrive、「ワンタップ節電」発表

2019.06.19 Wed.


アプリ『Ecogenie』を通して蓄電池を手軽に管理
NextDrive株式会社は、2019年6月13日、家庭向けの蓄電池AIスマートスケジューリングサービス『ワンタップ節電』を発表した。

『ワンタップ節電』は、自宅で使用している蓄電池の管理を、アプリ『Ecogenie』を通して手軽に行うことができるというもの。月額ゼロ・工事不要であり、また各メーカーの蓄電池にも対応している。

大きな拡大を見せる蓄電池市場
NextDriveは、台湾の研究開発本部と日本の子会社が、共通した目標を持って事業を展開している企業。同社は、エネルギー管理がシンプルな形で行えるスマートホーム・ソリューションの提供を、IoTと電力技術を融合させる形で追求。日常生活の中でこれまで影の薄かった電力を、分かりやすく「見える化」している。

同社は、今後日本において固定価格買取制度(FIT)が順次満了することにより、蓄電池市場が大きな拡大を見せると予測。蓄電池の充放電効率を最適化し、また毎月の電気代削減も可能にするサービスとして、『ワンタップ節電』の開発に至った。

スマートメーターとの接続も可能
『ワンタップ節電』の利用者は、『Ecogenie』上で「ワンタップ」するだけで、自宅の蓄電池のAIスマートスケジューリングが可能となる。自宅のスマートメーターとの接続も可能であり、家全体の電力状況も把握することで、電気代削減に貢献するとしている。

なおNextDriveは、2019年5月末に台湾で行われた『台北国際コンピュータ見本市』において、『ワンタップ節電』の展示を行っている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

月額ゼロのAIスマートプランで蓄電池をアップデート - NextDrive株式会社
https://jp.nextdrive.io/news/2019/6/13/ai--1

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eXRS66ZEFu.html

|