自給率100%を目指す家、停電しない暮らし体験

2019.09.21 Sat.


停電しても我が家だけ明るい・岡崎市大門展示場にて
9月9日未明の台風15号の関東地方横断により千葉ではいまだに停電が続く中、ユートピア建設が愛知県岡崎市に停電しても停電しない家、Usmart2020のモデルハウスを昨年9月20日、オープン。

太陽光発電10.98kW・200V設備対応大型蓄電池9.8kWhで「365日、昼も夜も太陽の光で暮らす自給率100%」の家族が安心、安全に暮らせる住宅となっており、非常時にはご近隣に電気のおすそわけもできるという。

自給自足の暮らしを可能にしたU-Smart2020
停電中もエアコンが使え、冷蔵庫も稼働・IHコンロで食事を作ることもでき、電気のエコキュートで入浴できて普段と同じ生活を送れる、自給率100%を目指す家。

来年4月から始まる「発送電分離」により既存電力会社、新電力会社も地域の垣根を超えた顧客の争奪が始まっている電力インフラ。安価と言われた深夜料金も値上がり、深夜にお湯を創る「エコキュート」の消費電力も家計の負担になっていく見通し。

ほとんどの顧客が住宅ローンを利用して住宅を購入する中、高騰し続ける電気料金の負担を教育費などに、という思いで「U-Smart2020」が完成した。

停電しない暮らし体験
見学時には疑似停電体験・日中太陽光発電による湯増し・EV車の充電ステーション・HEMSデーターで電気を買っていない証明・トリプルサッシの夏冬体験・正圧と言う気圧調整式換気体験・本震だけではなく余震からも家を守る地震体験など、より詳しく説明するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレリリースサイト:PR TIMES
https://prtimes.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fgMD40psVe.html

|