福島県が「再エネ利活用PR事業補助金」の2次公募開始

2019.10.08 Tue.


福島県エネルギー地産地消モデル事業補助金
2019年10月3日、福島県は「福島県エネルギー地産地消モデル事業(再エネ利活用PR事業)補助金」の2次公募の開始を発表した。

同補助金は、再生可能エネルギーの普及促進とエネルギー地産地消の推進のため、対象事業に対し経費の一部を助成するものとなっている。

再生可能エネルギー地産地消とPR
補助の対象となる事業は、蓄電池を利用して再生可能エネルギーから発電した電力を地産地消できるための設備を導入し、新たな地産地消型再生可能エネルギー利活用を広める事業とされている。

再生可能エネルギーと蓄電池の活用については、市街地・駅前・観光地を中心とした夜間照明および電動アシスト自転車への充電での自家消費などが例に挙げられている。

電力システム改革を経て、FITからの自立のため、FIT制度に頼らない再生可能エネルギー事業の方向性として、“自家消費”に注目が集まっている背景がある。

募集の締切は10月17日(木)
募集期間は2019年10月3日(木)から10月17日(木)の17:00までで、福島県企画調整部エネルギー課に提出することとなっている。

補助対象事業者は、同県内の市町村・同県内の市町村と連携する法人とされている。補助の対象となる経費は、設計費、設備費、工事費、諸経費(食料費・人件費を含まない)の4項目で、補助対象経費の1/2以内となっている。上限は500万円だ。

同事業に採択された場合、補助事業者は福島県エネルギー地産地消モデル事業(再エネ利活用PR事業)必要書類の速やかな提出が義務づけられている。

(画像は福島県ホームページより)


▼外部リンク

福島県
http://www.pref.fukushima.lg.jp

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_flbfpY1TjC.html

|