猛暑でも快適なテントキャンプを

2019.07.11 Thu.


エアコン付きテントキャンプを実現
アウトドアリゾート・伊勢志摩エバーグレイズが2019年7月20日よりゼロ・エミッションエネルギーで運営するエアコン付きテントキャンプ施設をオープンする。

SDGs推進プロジェクトにより、猛暑対策としてアウトドアシーンでもエアコンを適切に使用することが勧められているのを受け、伊勢志摩エバーグレイズは、太陽光発電により24時間電源を稼働させる業界初のテントサイトを開発。ゼロ・エミッションエネルギーで動く快適なエアコン付きテントキャンプを実現した。

テントキャンプ施設概要
施設名 テントサンセットキー カヌー付
区画数 1区画 定員 5名
1.太陽光発電量 2.48kwh 蓄電池容量 450Ah
2.太陽光発電量 190wh 蓄電池容量 33Ah (コールマン社製)


伊勢志摩エバーグレイズ
グランピングブームに先駆け、2014年、日本初のグランピング施設をオープン。フロリダ州エバーグレイズ国立公園をコンセプトにアメリカンアウトドアリゾートを展開中。

所在地:三重県志摩市磯部町穴川1365-10
施設数:グランピング5棟、キャビン51棟、テント18区画
付帯施設:管理棟、キャンパーダイニング、プール(期間限定)、ドッグラン、デイキャンプなど
料金:3,900円~(テントサイト:大人2名 小人2名 1泊 1区画)
施設URL:http://www.everglades.jp


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレリリースサイト:PRtimes
https://prtimes.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e1rnr1ZSmw.html

|