熊本のLib Work、スマートハウス提供を目指してグリムスソーラーと業務提携

2019.11.28 Thu.


SDGs達成に貢献する企業となる
株式会社Lib Workは、2019年11月25日、株式会社グリムスソーラーと業務提携を行うと発表した。

Lib Workは、熊本県山鹿市にて建設業を展開している企業。グリムスソーラーは、再生可能エネルギー開発事業を展開している企業。今回の業務提携によってLib Workは、SDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献する企業となることを目指すとしている。

「エコで豊かな暮らし」を実現するスマートハウス
Lib Workは、熊本県を中心として住宅・事務所・アパート・店舗の企画・設計・施工などを展開しており、「住まいの総合コンサルティング」を手がける企業を自認している。また、インターネットを効果的に活用することで、住宅価格のコストダウンも実現。『BLANCO』や『GLASSA』といった商品ブランドも展開している。

これらの住宅事業を展開する中で同社は、「エコで豊かな暮らし」を実現するスマートハウスの提供も企図。2019年10月からはいわゆる卒FITの家庭が増加することも受け、太陽光発電・蓄電池・オール電化システムなどを組み合わせた住宅の販売を考え、グリムスソーラーとの提携に至ったという。

長期保証を顧客に提供しているグリムスソーラー
グリムスソーラーは、太陽光発電システムや蓄電池システムなどの販売を手がける企業。Lib Workは、アフターサポートや10年間の長期保証も顧客に提供している点で、グリムスソーラーを高く評価。今回の提携を決定している。

なおこの提携は、SDGs番号7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」および番号11「住み続けられるまちづくりを」を推進する形で実施される。

(画像はLib Workの公式ホームページより)


▼外部リンク

株式会社Lib Work
https://www.libwork.co.jp/

株式会社グリムスソーラーとの業務提携のお知らせ - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fsSiLb68va.html

|