東北電力、「よりそう BOCCO」サービス開始

2019.10.08 Tue.


ロボットを使って家族間で楽しくメッセージを交換
東北電力株式会社(以下「東北電力」)は10月7日、ロボットのBOCCO(ボッコ)を用いた「よりそう BOCCO」サービスを開始した。

このサービスは東北電力の「よりそうeねっと」に電気の契約を登録している会員向けで、ユカイ工学株式会社が開発したコミュニケーションロボットを割引価格で提供する。外出時にスマホ経由で家の中の様子を伝える、あらかじめ登録したメッセージを指定の日時に再生するなどの機能がある。

共働きの家庭や高齢者のひとり暮らしなど、人々の暮らしが多様化している。BOCCOは帰宅した子どもにおやつの場所を伝えるメッセージを再生したり、別居している家族が薬を飲む時間を忘れないよう呼びかけたり、家族間のコミュニケーションをアシストする。

割引価格に加えてポイントもプレゼント
東北電力は「より、そう、ちから。+One」をコンセプトに顧客の安全・安心な暮らしをサポートする総合的なサービスの提供に努めている。

「よりそう BOCCO」サービスでは購入申し込み後に所定のエントリーを行うと、「よりそうeポイント」が2000ポイントプレゼントされる特典もある。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東北電力 リリース
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1203127_1049.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_flmBDL3uAc.html

|