東京都の再エネ共同切り替え、第1回オークション終了

2020.02.21 Fri.


4334世帯が切り替えを希望、Looopが最安値で落札
アイチューザー株式会社(以下「アイチューザー」)は2月20日、東京都と連携した再エネ共同切り替え事業において、第1回のオークションの結果を発表した。

アイチューザーはグループ購入業者で、エネルギーサプライヤーの切り替えや太陽光発電設備の共同購入で、オークションを実施する。東京都との連携では約1カ月間半の募集期間中に4334世帯が切り替えキャンペーンに登録し、東京電力の「従量電灯B」と「従量電灯C」に相当する2つのオークションが実施された。

今回は最安値を提示したLooopが落札。登録者は今後、見積もりを受け取って最終判断を下し、切り替える場合はLooopに申し込む。電気代は従量電灯Bで約7%、従量電灯Cでは約14%おトクで、総電力の30%以上が再エネ電気で供給される。

グルーで購買力を高めて、いい条件を引き出す
東京都は来年3月末までに最低3回の事業を行い、CO2排出量削減に向けて都民の間で再エネの普及拡大を図る。

アイチューザーは大阪府吹田市とも同様の電力切り替え事業で協定を締結し、10月までに2回の事業を行うとしている。

(画像はアイチューザー公式サイトより)


▼外部リンク

アイチューザー リリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000052069.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fC5w91NTBG.html

|