新電力のリーディングカンパニー・エネット、ISMSの認証を取得

2020.01.20 Mon.


顧客の信頼に応えうるサービスを提供すべく
株式会社エネットは、2020年1月16日、第三者適合性評価制度による情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しました。

エネットは、新電力のリーディングカンパニー。ISMSの認証取得は、顧客の信頼に応えうるサービスを提供すべく実施されている。

太陽光発電所などを200ヶ所以上確保
エネットは、NTTアノードエナジーや東京ガスなどの出資により設立された新電力企業。太陽光発電所などを200ヶ所以上確保し、全国10電力会社エリアの様々な業種の顧客に対して電力を提供している。2019年10月末の時点における契約件数は、特別高圧・高圧・低圧を合計して約90000件におよぶ。

同社の新電力は、多様な付加価値サービスを提供するという特徴も持つ。電力使用量・電気料金などの情報をWeb上で提供するサービスでは、具体的な節電対策の検討を実現。また、様々なデータをAIが解析することで省エネの進捗状況が確認できるサービスも提供している。

小売電気事業者としては、他社に先駆けて取得
エネットは、近年の企業においてセキュリティリスクが高まっていることを危惧。引き続き顧客が安心してサービスを利用できるよう、今回のISMS認証取得に至った。小売電気事業者としては、他社に先駆けて取得する形となっている。

同社は今後も、顧客の信頼に応えるサービスを提供し、持続可能な社会に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得 - 株式会社エネット
https://www.ennet.co.jp/news/detail?news_id=157

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fyypEHULLm.html

|