大和ハウス工業、「大和ハウス佐賀ビル」がレジリエンス・アワードの優秀賞受賞

2019.03.21 Thu.


「大和ハウス佐賀ビル」が優秀賞を受賞
大和ハウス工業株式会社は3月19日、同社が建設した再生可能エネルギーによる自給自足オフィス「大和ハウス佐賀ビル」が、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2019」にて、優秀賞を受賞したと発表した。

2014年11月に創設された同賞は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催していて、次世代に向けた強靭化社会を構築するべく、全国各地で展開されている強靭化のための先進的な活動を発掘、評価、表彰する制度となり、今回は100件以上の応募があったという。

再エネを活用した電力自給自足の実証試験
同ビルは、2018年2月に竣工したオフィスビルで、再エネを活用した電力自給自足の実証試験を行っていて、太陽光発電システム(83.2kW)とリチウムイオン蓄電池(105kWh)を組み合わせた電力自立システムと、自然エネルギーを活用した省エネ設備機器の効果検証を行っている。

今回の優秀賞受賞理由について同社は、この電力自立システムが、日常の系統電力の品質保持や災害時の電力ライフライン確保など、継続的な電力供給を実現するものとして、事業継続性への貢献が評価されたとしている。

なお同ビルは、2018年9月の「第1回エコプロアワード」にて、国土交通大臣賞を受賞している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業株式会社 プレスリリース
https://www.daiwahouse.com/about/release/house/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eOwBLMFZ4Y.html

|