卒FIT住宅に向けた「四電WAONプラン」、イオンが12月2日より募集開始

2019.11.16 Sat.


CO2排出量ゼロの環境価値をイオンへ提供
イオン株式会社は、2019年12月2日、『四電WAONプラン』の募集を開始する。

『四電WAONプラン』は、四国電力株式会社がいわゆる卒FITの家庭を対象として、同日より提供を開始する新たな電力サービス。住宅用太陽光発電設備の余剰電力を買い取り、CO2排出量ゼロの環境価値をイオンの店舗へ提供するものとなっている。

1kWhにつき1WAONポイント進呈
『四電WAONプラン』では、家庭で発生した太陽光発電余剰電力を四国電力が1kWhにつき7円(税込み)で買い取る。この電力は、イオンが運営する店舗へ提供されることにより、環境価値をイオンにもたらす。イオンから利用者には、1kWhにつき1WAONポイントが進呈される。

『四電WAONプラン』の加入条件としては、FIT期間が満了していることと、再エネ発電設備からの余剰電力を四国電力に供給できることが挙げられる。また、受電電圧が低圧であること四国電力と契約があること、WAONカードを保有していることなども含まれる。

CO2排出量削減の施策として活用
イオンは2018年3月、2050年までに店舗で排出するCO2などをゼロにすべく、『イオン 脱炭素ビジョン2050』を発表。省エネルギーの取り組みを推進すると共に、再生可能エネルギーの活用も拡大させている。

イオンは、『四電WAONプラン』において提供された環境価値を、店舗運営におけるCO2排出量削減の施策として活用するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

住宅用太陽光発電設備の余剰電力を活用した「四電WAONプラン」の開始について - イオン株式会社
https://www.aeon.info/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_frxW9da1OY.html

|