北陸電力、冬期に向けてほくリンクサービスを拡大

2019.12.01 Sun.


冬期のピーク時間帯に使えるクーポンを掲載
北陸電力株式会社(以下「北陸電力」)は11月29日、12月1日から「ほくリンク」のサービスを拡大すると発表した。

3月31日まで実施される「出かけて節電」の時間帯は、平日の11時~20時。今年は67の企業・団体の協力を得て、345店舗でピーク時間帯に使用できるクーポンを、「ほくリンク」サイトに掲載。割引やプレゼントの特典が楽しめる。

さらに参加企業や団体の店頭でスタンプをもらったハガキで応募すれば、抽選でJCBギフトカード3000円分やQUOカード500円分等が合計300名に当たる。

外出を楽しみながら、電気料金の割引をゲット
北陸電力は同期間中、今年も「節電とくとくメニュー」を実施する。

「節電とくとく電灯」では、事前に通知された日の11時~14時に節電に協力すると、平均節電量1kWhにつき129.6円を割引。エコキュートを使用する家庭向けの「節電とくとくプラン」では、割引単価が194.4円になる。

「出かけて節電」を「節電とくとくメニュー」を組み合わせることも可能で、クーポンを利用している間に電気料金の割引をゲット、外出が何倍にも楽しめる。

(画像は北陸電力公式サイトより)


▼外部リンク

北陸電力 リリース
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/19112901.pdf

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ftBJEmdxze.html

|