再生可能エネルギーの系統連系問題を考えるセミナー、東京・西新橋にて開催

2020.01.08 Wed.


日本における系統連系問題を根本から分析
株式会社 新社会システム総合研究所は、2020年2月19日、セミナー『再生可能エネルギーの系統連系問題~世界の動向と乖離がある日本では、何が問題で何を解決すべきなのか?~』を東京・西新橋にて開催する。

同セミナーは、日本における系統連系問題を根本から分析するというもの。講師として、京都大学大学院特任教授の安田陽氏が招聘される。

国内外で大きな乖離がある系統連系問題
日本における再生可能エネルギーの普及に際して、系統連系問題は最大の課題であるとも言われている。

しかし、日本の変動性再エネ導入率の達成水準では、技術的に顕著な問題は本来発生しないと、安田氏は指摘。そして、そもそも系統連系問題に対する考え方そのものに国内外で大きな乖離があると考える。

同セミナーでは、技術的要因と制度的要因に切り分け、日本の系統連系問題における根本問題を分析。系統連系の根本原因としての原因者負担の原則や、系統連系の基本思想としての非差別性と公平性などについてもレクチャーを行う。

西新橋の『SSKセミナールーム』にて開催
同セミナーで登壇する安田氏は、2016年9月より京都大学大学院経済学研究科・再生可能エネルギー経済学講座の特任教授を務める人物。現在は、風力発電の耐雷設計および系統連系問題を専門とし、技術的問題のみならず経済や政策を含めた学際的なアプローチでの課題解決を目指している。

『再生可能エネルギーの系統連系問題~世界の動向と乖離がある日本では、何が問題で何を解決すべきなのか?~』は、2020年2月19日、東京都港区西新橋『ザイマックス西新橋ビル』4Fの『SSKセミナールーム』にて開催。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

再生可能エネルギーの系統連系問題~世界の動向と乖離がある日本では、何が問題で何を解決すべきなのか?~ - 株式会社 新社会システム総合研究所
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20064.html

安田陽氏によるセミナーを2月19日(水)SSK セミナールームにて開催 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fxjJ9CusIc.html

|