伊藤忠商事がEguana社に出資 海外蓄電池市場進出

2020.03.20 Fri.


伊藤忠商事とEguana社
2020年3月16日、伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)は、Eguana Technologies Inc.(以下「Eguana社」)の新株予約権付き転換社債を引き受けたことを発表した。

今後は、Eguana社の株価水準に基づいた株式転換を行う予定で、出資参画を進めていく方針だ。1999年に創業したEguana社は、カナダのカルガリーに本社を置く会社で、トロント証券取引所(Toronto Stock Venture Exchange)上場企業だ。

2015年から戦略的提携関係を築いてきた伊藤忠商事とEguana社だが、今回の資本関係構築により、北米・豪州・欧州における蓄電池市場に進出していく方針だ。

海外でのビジネス展開を推進
伊藤忠商事は、オリジナルの蓄電システム「Smart Star」を、およそ約30,000台販売(2020年3月時点)している。さらに、2018年11月からは、太陽光固定価格買取制度の満了を迎える人向けに、“蓄電池最適制御サービス”を提供するなど、日本国内で蓄電池ビジネスの知見を蓄積してきた。

今後は、蓄電システムやバーチャルパワープラント事業などを中心に、海外でのビジネス展開を推進していく考えである。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

伊藤忠商事株式会社
https://www.itochu.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fGnZaggIoQ.html

|