京葉ガス 卒FIT後に最大10円/kWhで買取

2019.07.21 Sun.


環境性の高いエネルギー普及へ
2019年7月11日、京葉ガス株式会社は、2019年11月より再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)における10年の買取期間を終了する人を対象に、太陽光発電の余剰電力買取サービスを提供することを発表した。

申込開始は2019年9月下旬の予定で、FIT満了通知を受け取った後となる。事前申込は2019年7月11日より開始され、事前申込サイトより受け付ける。事前申込をした場合は、申込時期開始の案内が届く。

京葉ガス株式会社は、エネルギーの安定供給と低炭素社会の実現を推進するべく、環境性の高いエネルギー普及に取り組むと明示している。

買取単価は3パターン
買取プランは3種類で、京葉ガス株式会社のガスと電気を両方利用している場合は10.0円/kWh、同社のガスもしくは電気を利用している場合は9.5円/kWh、同社のガスと電気を利用していない場合は9.0円/kWhの買取単価となる。

対象地域は、島しょ地域を除く東京電力パワーグリッド株式会社の送配電地域だ。

なお、買取単価は2021年3月末までの価格で、非化石価値と消費税等相当額を含む。消費税率は10%で計算されている。買取単価の見直しが行われる場合は、事前に告知を行うとしている。

(画像は京葉ガス株式会社ホームページより)


▼外部リンク

京葉ガス株式会社
https://www.keiyogas.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e4VbF3uiqg.html

|