丸紅 UAEで世界最大級ギガソーラー稼働

2019.07.10 Wed.


世界最大規模の太陽光発電所
2019年7月1日、丸紅株式会社はアラブ首長国連邦(UAE)にて世界最大級規模となるスワイハン太陽光発電所を計画通り4月30日に運転開始をしたことを発表した。

スワイハン太陽光発電所は、同社の他、中国の太陽光発電製品メーカーJinkoSolar Holding Co., Ltd.(ジンコソーラー)が、現地国営大手電力会社の共同出資によるプロジェクト。丸紅は全体の20%を出資し、日本国内8行の銀行によるファイナンス契約を取り付けている。

この発電所は太陽光パネルを約3.3百万枚使用し、発電容量は1177メガワット、すなわち1.17ギガワットと世界最大級の規模となる。発電する電力はEmiratenis Water and Electricity Company(エミレーツ水電力公社)に25年にわたり売電する計画だ。

中東地域で広がる太陽光発電
中東地域においては、化石燃料依存からの脱却と電力の安定供給のために再生可能エネルギー発電施設の建設が積極的に進められている。太陽光発電においては地域特性上、豊富な日射量と平坦で広大な土地を確保できるため増加傾向にある。

丸紅は、同社が2018年9月に発表した石炭火力発電事業及び再生可能エネルギー発電事業に関する取組み方針に基づき、世界各国において、今後も積極的に再生可能エネルギーの開発に携わるという。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

丸紅株式会社 プレスリリース
https://www.marubeni.com/jp/news/2019/release/20190701J.pdf


ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e1Zr7o4F90.html

|