丸井グループが『グリーン購入大賞』再エネ普及特別部門優秀賞

2019.11.30 Sat.


共創サステナビリティ経営
2019年11月21日、株式会社丸井グループは、グリーン購入ネットワーク(GPN)主催『第20回グリーン購入大賞』に入賞したことを発表した。入賞したのは“再エネ普及特別部門”で、優秀賞を受賞したとしている。

同社の優秀賞受賞の決め手は、同社が実施する「共創サステナビリティ経営」のうち、「グリーンボンド」発行(国内小売初)、顧客への再生可能エネルギー切り替え推奨の活動によるグリーン市場拡大への貢献であるとしている。

『グリーン購入大賞』再エネ普及特別部門
再エネ普及特別部門は、2016年のパリ協定で発効された目標の達成に向け、『第20回グリーン購入大賞』の開催に合わせて新規に設置されたものだ。同目標の達成には、脱炭素化に向け、再生可能エネルギーの導入が必須となってくる。

そういった世界情勢を受け、GPNでは再生可能エネルギーの利用拡大に向け、電力小売事業者と購入者を対象として、再生可能エネルギーに対しての様々な取り組みを評価する特別部門の設置に踏み切った。

なお、同部門では、企業の規模・行政・民間すべてが区別なく“再エネ普及特別部門”にエントリーすることとされている。また、GPNでは今回の再エネ普及特別部門設置に先駆けて、2018年3月に、電力契約に関連した「GPNグリーン購入ガイドライン」策定を実施している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社丸井グループ
https://www.0101maruigroup.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ftqnqzbWiU.html

|