中部電力、新サービス「ビジエネMA」開始

2019.06.11 Tue.


優待サービスに加え会員同士の取引の場を
中部電力は6月10日、ビジネス会員向けの新サービス「ビジエネMA(エムエー)」を提供開始した。

中部電力はビジネス会員向けの「ビジエネ」でこれまで、電気料金や使用量照会、省エネ、販売促進、防災・防犯などのサービスを提供してきた。新サービスでは課題解決に役立つサービスを会員限定の優待条件で利用できるほか、約17万会員が他の会員に向けて自社商品やサービスなどを提供できる場を設けた。

またサービス開始に合わせて、新たな会員優待サービスも開始。火災保険の請求などに利用できる「落雷証明書発行サービス」では、発行料を25%割引。株式会社可行道が運営する名古屋市内での貸し会議室サービスでは、初回に限り5%割引。利便性の高い名古屋駅周辺を中心に、合計20の貸し会議室を提供している。

様々なニーズに応え、ビジネスの創出を支援
中部電力はビジネス会員にマッチングの場を提供しマーケティングを支援するほか、今後はビジネス創出の支援に向けて、クラウドファンディングの活用も検討していく。

同社は顧客起点の多種多様なニーズに応えるために、これからも新たな価値の提供を続けていく方針だ。

(画像は中部電力公式サイトより)


▼外部リンク

中部電力 リリース
https://www.chuden.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eWRpTglQHy.html

|