三菱自動車 EV・PHEV向け電気料金プラン10月に販売開始

2019.08.12 Mon.  


EV向けの電気料金プラン
2019年8月8月、三菱自動車工業株式会社は、MCリテールエナジー株式会社が10月1日に開始する電気自動車の充電プランを、一部の三菱自動車系列販売店にて提案・販売することを発表した。

MCリテールエナジーは、三菱商事株式会社と株式会社ローソンを出資母体とする企業。2016年4月から電力サービス「まちエネ」を展開しており、低圧電力は2019年8月時点で、離島を除く東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東) においてサービス提供を行っている。

EVの夜間の充電をお得にするプラン
今回三菱自動車が提案販売を行うのは、電気自動車・プラグインハイブリッド電気自動車を購入の顧客を対象とした「毎晩充電し放題!プラン」。このプランを契約した顧客は、毎日深夜一定時間、電動車充電量を除く家庭での電気使用量相当分の負担のみで、電動車が充電し放題となる。

三菱自動車は電動車普及を後押しするため、一部の三菱自動車系列販売店で、プラグインハイブリッド電気自動車「アウトランダーPHEV」や電気自動車「i-MiEV」の販売に際し、このプランを顧客へ紹介。

また、プランの利便性について継続的に顧客から聞き取りを実施、MCリテールエナジーと連携し、提案する店舗の拡充やサービスの利便性向上につなげていくことも検討している。

「毎晩充電し放題!プラン」は10月1日から、「まちエネ」ホームページでの申し込み受付、並びにサービス提供を順次開始する予定だ。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

三菱自動車工業株式会社 プレスリリース
https://www.mitsubishi-motors.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e9XxNiHkfq.html

|