ミツウロコグリーンエネルギー 新賦課金単価適用開始

2020.05.04 Mon.


2020年5月分以降は、新単価を適用
ミツウロコグリーンエネルギー株式会社(以下、「ミツウロコ」)は、2020年4月22日、2020年5月分以降の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価について発表を行った。

経済産業省資源エネルギー庁によって、再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(2020年5月分以降)が、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に基づき公表されたことを受け、同社でも、2020年5月分以降は、新単価を適用することとなる。

2020年5月分~2021年4月分の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、2.98円/kWh(消費税等相当額を含む)となっている。なお、2019年5月分~2020年4月分の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、2.95円/kWhで、今回適用される価格よりも、わずかながら低価格だった。

ミツウロコのソーラー発電は関東圏最大級
ミツウロコのソーラー発電(富津ソーラー発電所・水郷潮来ソーラー発電所)は関東圏最大級で、15,500世帯(一般家庭)を賄うことが可能な発電量を有している。

ミツウロコは、再生可能エネルギー発電促進賦課金単価について、以下のように説明している。
・電気を使うすべての方にご負担いただくものです。
・再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価は、毎年国が全国一律で定めます。
(プレスリリースより)


(画像はミツウロコグリーンエネルギー株式会社ホームページより)


▼外部リンク

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社
http://www.mitsuurokogreenenergy.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fLkFaBXWAI.html

|