パナソニック、ペロブスカイト太陽電池の大型化に成功

2020.01.21 Tue.


軽くしかもより安価に形成、ビルの壁や窓でも発電
パナソニック株式会社(以下「パナソニック」)は1月20日、NEDOの事業において、ペロブスカイト太陽電池を大面積で均一に塗布する技術を開発したと発表した。

ペロブスカイト太陽電池は発電層の厚みが結晶シリコン電池の約100分の1。小面積セルのエネルギー変換効率でも遜色なく、軽量化と低コスト化で大きな可能性を秘めている。しかも建物の壁や窓への設置も可能。

パナソニックは新技術で世界最大の面積を持つモジュールを作製。エネルギー変換効率でも世界最高の16.09%を達成した。

さらに高い効率を目指し、次世代電池の市場を
ペロブスカイト太陽電池は次世代の太陽電池として注目されてきたが、大面積で均一な膜を作ることが困難で、大型化すると変換効率が大きく低下する難点があった。

パナソニックはペロブスカイト結晶をインクジェットで太陽電池の基板に塗布する技術に取り組み、塗布液の安定化や塗布工程の改良で、大型の基板に均一に塗布する技術を開発。

今後パナソニックはペロブスカイト層の材料改善を進め、新たな市場での実用化に向けて、技術を確立していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パナソニック リリース
https://news.panasonic.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fyD5LBqzoE.html

|