バイオマス発電のイーレックス、新型コロナ対策の緊急支援として電気料金を割引

2020.04.30 Thu.


在宅勤務や営業自粛の顧客を支援
イーレックス株式会社は、2020年4月21日、新型コロナ対策の緊急支援にあたる電気料金の割引を、同社の販売子会社にて実施すると発表した。

イーレックスは、バイオマス発電事業や電気・ガスの小売事業などを手がける企業。電気料金割引を実施するのはイーレックス・スパーク・マーケティング株式会社であり、在宅勤務や営業自粛を強いられている個人・法人の顧客を支援するという。

非化石燃料活用による環境保全に貢献
イーレックスは、電力小売が自由化された2000年より電力の販売を開始し、全面自由化となった2016年からは家庭や小規模事業者への販売も開始した。全ての需要家が電力購入先を選べる時代において、より安価かつ付加価値のある電力を供給することで、自由化の恩恵を広く提供している。

同社はまた、バイオマス発電を中心とする形で電源開発も推進。2013年には、国内初というパーム椰子殻(PKS)を主燃料とする土佐発電所の運転も、開始した。また、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギー事業に積極的に取り組み、非化石燃料活用による環境保全に貢献している。

割引は、4月21日から7月31日まで実施
イーレックスは、今般の新型コロナウィルス感染拡大を受け、在宅勤務発生により電気料金が増加した個人顧客や、営業を自粛せざるを得ない法人顧客が増えていることを憂慮。こうした顧客を支援すべく、今回の電気料金の割引実施に至った。

この割引は、2020年4月21日から同年7月31日まで実施される。同社は今後もグループと共に、顧客に寄り添う電気サービスを提供するとしている。

(画像はイーレックスの公式ホームページより)


▼外部リンク

「新型コロナ対策 緊急支援」電気料金割引実施のお知らせ - イーレックス株式会社
https://www.erex.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_fKpR3EPWgk.html

|