サンテックパワージャパン、太陽光発電の自家消費促進に向けて新会社設立

2019.01.09 Wed.


2019年1月7日(月)より事業開始
サンテックパワージャパン株式会社は、スマートエネルギーシステムインテグレーターの新会社「サンテックスマートエコリビング株式会社」(以下、SSE)を設立し、2019年1月7日(月)より事業を開始すると発表した。

太陽光発電の自家消費促進を図る
サンテックパワージャパンでは、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の適用期間が満了となる家庭が今年より出始めることから、既築住宅を中心とした太陽光発電の自家消費促進を図るために、完全子会社のSSEを設立したとのことだ。

SSEでは、太陽光発電システムの販売に加えて、スマートエネルギーのシステムインテグレーターとしての事業にも取り組むとしており、サンテックパワー製モジュールを中心に、他社製品も含めた製品でシステム設計から工事サポートまでを行う。

また、独自の付加価値サービスによって販売店をサポートすることで、自家消費市場の活性化に取り組む。

SSEは今後、株式会社LIXIL TEPCOスマートパートナーズの「建て得バリュー」における、サンテックパワー製太陽電池モジュールの設置工事管理業務の一部を請け負うことを計画している。

(画像はサンテックパワージャパン ホームページより)


▼外部リンク

サンテックパワージャパン プレスリリース
https://www.suntech-power.co.jpl

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eHyZjJG9Xu.html

|