オプテージ、電力小売サービス「eo電気」の料金一部を値下げ

2019.08.12 Mon.  


2019年8月7日発表
株式会社オプテージは、電力小売サービス「eo電気」について、料金を一部値下げすると2019年8月7日に発表した。

基本料金を大幅に値下げ
オプテージでは今回、全ての家庭で関西電力従量電灯Aより安い価格で電気を使用できるように、「eo電気スタンダードプラン」の電気料金について、2019年10月1日より一部を改定するとしている。

変更内容としては、基本料金を大幅に値下げし、「eo光ネット」をセットで利用する場合については基本料金を0円とすることで、電気使用量が月300kWh未満の家庭についても従量電灯Aよりも安い価格を実現した。

また、電気使用量が月300kWh以上の場合についても、従量電灯Aより約2%安く、「eo光ネット」とともに契約している場合は5%程度安くなり、電気使用量が月551kWh以上の使用量が多い家庭については「eo電気シンプルプラン」が安く使用できるとしている。

「eo電気」の変更前・変更後の詳しい価格については、オプテージのプレスリリースより確認可能で、すでに「eo電気スタンダードプラン」を契約している場合、2019年10月の電気利用分から自動的に改定後の料金が適用されるとのことだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

オプテージ プレスリリース
https://optage.co.jp/press/2019/press17.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_e8F2eLv7nS.html

|