「ちくでんエコめがね」の新サービス開始

2019.06.08 Sat.


卒FIT家庭の自家消費型ライフスタイルを応援
NTTスマイルエナジーは6月4日から、太陽光発電と蓄電池に対応した、「ちくでんエコめがね」の販売を開始した。

昨今は災害時の停電対策への関心も高まり、家庭向け蓄電池の導入が進んでいる。また、固定価格買取制度(FIT制度)の期間が満了する家庭が、2019年度で約53万世帯あるという。卒FIT後は、太陽光発電による電力を無駄なく使うために、蓄電池を利用する自家消費スタイルの増加が予想されている。

「ちくでんエコめがね」は、太陽光発電で得た電力の自家利用状況を、スマホやタブレットで見える化する。これまで蓄積した電力データにそれぞれの家庭のパターンをAIが学習して加え、蓄電池を制御して電気代削減や災害対策を行う。

卒FIT家庭には余剰電力買い取りサービスも
今後は、「ちくでんエコめがね」に接続可能な蓄電池や外部接続機器を拡大するなどで機能のアップデートを進め、利便性向上やVPP対応でさらなる付加価値の提供を図る。

NTTスマイルエナジーでは卒FIT家庭向けの余剰電力買い取りサービスも行い、再生可能エネルギー普及への貢献を続けていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTスマイルエナジー リリース
https://nttse.com/pressrelease/2019/06-04/1328/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eWaO3x0lr8.html

|