日本初!電力切替も出来るエネルギーのポータルサイト

2019.11.05 Tue.

台風の強大化は止められない?地球温暖化について子どもと話してみよう


title_image01

台風の強大化は止められない?地球温暖化について子どもと話してみよう


83292a4a647921c28b9b0b0d52bbc70b_m
被害にあわれた皆様、謹んでお見舞い申し上げます。被災地の一刻も早い復興をお祈りしております。(出典:https://www.photo-ac.com

 連日台風が頻繁に発生したり、2つ同時に日本にやってきたりと、今年は台風のニュースが大きく取り上げられました。台風や集中豪雨など、気候変動による天気や環境の大きな変化が話題にあがることも多いですね。子どもにとっても身近な天気の話題から、環境問題について子どもたちにどう伝えていくか、一緒に考えてみませんか?


台風が大きくなっている?
 台風は、暖かな海の上で発生した水蒸気が上空で雲に発達し上昇気流を作り、その周辺から海面に向かってうずを巻きながら風が集まってきてつくられます。年々巨大化しているということもいわれていますが、それは地球温暖化による海水の温度の上昇が原因で、より台風を発生・発達させやすい環境になっているためです。このまま地球温暖化が進むと、発生数は減るが、規模が大きくなるのではないかという研究結果が出ています。具体的には、ただ台風が大きくなるというよりは台風を作り出す雲の壁の高さがより高くなり密度が上がって中心の気圧が下がり、周囲の強風域が強くなったり広くなったりするようです。これは未来ある子どもを育てている私たちにとってかなり心配な話です・・・。


c065a0523a8e01fc49b852937b2da7d1_m
近年日本の南側の海域では、海面水温が台風の発生・発達しやすい26.5℃以上を保っていることが多いんです。そりゃあ台風も元気に進んできますよね(汗)(出典:https://www.photo-ac.com

地球温暖化の影響
 台風と地球の温暖化がどう関係しているのかは、「温暖化により大気や海面の温度があがることによって、台風のエネルギー源となる海水の蒸発量が増えることが台風を頻発・拡大化してしまう」とわかりました。ここで子どもたちにもわかりやすく説明できるような、地球温暖化が私たちの暮らしに与える影響についてまとめてみましょう。

地球が温暖化するとどうなるか
・日本に季節がなくなる。生態系が変わってしまう。
・南極の氷や氷河が溶けて海水が増えることにより、今ある島や低い土地は海に沈んでしまう可能性がある。
(日本では海の水が1m高くなると海水浴で行く砂浜の90%がなくなってしまうといわれている。)
・洪水や干ばつが増え、作物が育たず食べ物が少なくなる。
・マラリアのような、熱帯地方での病気も日本で発生するかもしれない。

 2100年頃には地球の気温が最大で4.8℃あがるといわれています。これは決して少ない数値ではありません。たとえば、自分の生活に照らし合わせて考えると真夏の外の気温が45℃なんて考えられないですよね・・・。私たち一人一人が、地球温暖化の原因となる二酸化炭素をなるべく出さない生活を考えていかなくてはなりません。


chart03_06_img01
世界各国が協力して、2100年頃に温室効果ガスの排出をゼロにしようと努力しています。(出典:全国地球温暖化防止活動推進センターHP

地球温暖化を防ぐには
 地球を守るため、私たちに何ができるのかも子どもたちと一緒に考えてみましょう。地球温暖化を防ぐには、二酸化炭素を空気中に増やさないこと。たとえば植樹ボランティアに参加したり、おうちに緑を増やしてみることから簡単に始められます。普段の生活の中でも、どうしたらエネルギーの無駄遣いを防げるか考えてみましょう。また、石炭・石油燃料などを使わないために、家族で話し合って自然エネルギーを使った電力会社に切り替えること、車をよりエコな車に買い換えることもできます。みんなで1ヶ月節電を頑張って、電気料金を去年と比較してみるというのもゲーム感覚でできますよ。
 自分一人が意識するよりも、子どもと一緒にイベント事のように楽しみながら協力してエコな行動を心がけると、本当に楽しいし継続しやすいです。難しいという方は思いついたことを1つだけ続けてみようと親子で取り組んでみるのがいいでしょう。温暖化のことを知ってもらうこと、環境問題について知ってもらうことが第一なので、子どもの年齢に合わせて取り組めることを一緒に考えながらやってみてくださいね。


さいごに
 最近、テレビで見る天気予報が理解できるようになった娘と台風情報をチェックしながら、台風がきたらどうする?という話をよくしてきました。まだ温暖化や環境問題は難しいけれど、災害に備えて一緒にどんな準備をしていったらいいかということを、目に見える形で伝えることができたのはよかったなと感じます。どれだけ対策をたら十分なのかラインはわかりませんが、子どもたちに不安を与えないよう、私も日頃から対策をして冷静に対応できるようにしていきたいです!小学生以上のお子さんなら台風のできる仕組みなどについてお話してみるのも楽しそうですね。夏休みの自由研究などをきっかけに一緒に考えてみるのもおすすめです♪



【参考】
・地球温暖化で台風が大型化、今後も増え続ける?(海洋研究開発機構) _ ブルーバックス _ 講談社(1_2)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54553
・JCCCA __ こどもプラザ
https://www.jccca.org/kids/ondanka.html
・地球温暖化はなぜ起こるの?~地球温暖化について~ [関西電力]
https://www.kepco.co.jp/brand/for_kids/teach/2016_01/index.html
・・温暖化で台風が巨大化か 今世紀末に2割大きくなる試算:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASK9F7VB2K9FUBQU023.html
・「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み① 各国の進捗は、今どうなっているの?|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/pariskyotei_sintyoku1.html
・地球温暖化の防止に向けて:一人一人にできる対策 |WWFジャパン
https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/1142.html



ライター紹介
kotono02
殊野真緒(ことの・まお)
家庭の省エネエキスパート・診断級の資格を持つ一児のママ。現在は今までの経験を活かしたライター活動やエコライフに役立つ様々な資格取得への挑戦で、自立した子育て主婦を目指している。ジョシエネLABO立ち上げメンバー。元エネドル省エネ担当。



ジョシエネLABOとは
環境やエネルギーをメインテーマに「今よりもちょっと賢くなりたい女性」へ学習・活動支援をしてます。
ママ向け企画も進行中!イベント参加者、企画メンバー、講師など随時募集しています。
https://enect.jp/enjoy/about_joshiene/
https://www.facebook.com/joshienelabo/


お問合せはこちら
×