YAMABISHI、離島での再エネ活用に長周期変動対策用リチウムイオン蓄電システムを導入

2018.06.13 Wed.


長周期変動対策用リチウムイオン蓄電システムを導入
株式会社YAMABISHIは、長周期変動抑制機能を実装したPV連係リチウムイオン蓄電システムを開発し、千代田システムテクノロジーズ株式会社と東京都利島村に導入したと発表した。

このシステムは、同社が独自開発した長周期の変動抑制機能(固定放電モード)により、太陽光発電の急変や構内で消費しきれない余剰分を大容量の蓄電池で吸収しつつ、系統に負担をかけない安定したレートで夜間まで構内負荷に放電するという。

また、蓄電池で余剰発電を吸収しきれない場合は、逆潮流を防ぐため構内負荷と同等まで発電抑制を行い、防災用に一定の蓄電池残量を確保して運用するなど、きめ細かい制御も行う機能があるとしている。

今後は、再生可能エネルギー(再エネ)による自家消費システムとして、島内電力系統への悪影響がないことを実証するほか、防災時に非常用電源として再エネを活用することでの地域貢献を目指すとしている。

離島など島嶼部は容易に再エネを導入できないため
この機能を開発・導入した背景として、再エネは日射量や風速などの自然条件で出力が激しく変動することから、電力系統の品質に影響を与えることが懸念され、普及の妨げになるケースも増えている。

とくに離島など島嶼部は、本土に比べ送電網が細いことから、さらに系統への影響が大きく、容易に再エネを導入できない状況が続いているため、今回の利島村へのシステム導入に至ったものとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社YAMABISHI プレスリリース
https://www.yamabishi.co.jp/pdf/release/20180608.pdf

「リチウムイオン蓄電システム YRW シリーズ」の詳細
https://www.yamabishi.co.jp/products/back_yrw/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_enRXpep2O2.html

|