MHIECが川崎市からごみ処理施設の建設を受注

2018.03.07 Wed.


大成建設と共同で経年劣化した施設を建て替え
三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(以下「MHIEC」)は3月5日、神奈川県川崎市から、一般廃棄物処理施設の建設工事を受注したと発表した。

工事は川崎市高津区にある「橘処理センター」で行われる。同センターは稼働から約40年が経過し、焼却処理施設と粗大ごみ処理施設が2014年度と2015年度に稼働停止した。今回の工事では、MHIECが大成建設と共同でこれらの既存施設を解体・撤去し、新施設を建設する。

新施設には一般廃棄物処理で現在主流になっている、ストーカ式の焼却炉3基と発電設備を設置する。焼却炉の処理能力はそれぞれ日に200トン、合計で600トンになる。工事の完成および施設の引き渡しは2023年9月に予定されている。

廃棄物処理で総合的なソリューションを提案
MHIECは2008年に三菱重工から、同社の環境装置分野における技術とごみ処理施設の建設および運営のノウハウを継承した。施設の建設から運営までの総合的な提案を、国内外にまたがる豊富な実績に基づいて提供することを強みとする。

同社はこれからも先進的な施設の新設、既存施設の性能の向上、コスト低減などの積極的な提案で、資源循環型社会の実現に寄与していく方針だ。

(画像はMHIEC公式ホームページより)


▼外部リンク

MHIEC リリース
http://www.mhiec.co.jp/news/180305.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ecSr3MRYP4.html

|