juwi自然電力、栃木県「佐野市多田町太陽光発電所」のEPC契約を締結

2018.07.11 Wed.

自然エネルギーを選んで買う
EPC(設計・調達・建設)を受注
juwi(ユーイ)自然電力株式会社は、栃木県に建設されるメガソーラー「佐野市多田町太陽光発電所」のEPC(設計・調達・建設)を受注し、契約を締結したと2018年7月6日に発表した。

juwi自然電力にとって過去最大規模
今回建設される「佐野市多田町太陽光発電所」は、ソネディックス・ジャパン株式会社および、ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッドが出資している「Sun Station Hikari X 合同会社」が保有するもので、juwi自然電力にとって過去最大規模となるEPC案件だ。

発電所の概要としては、所在地が栃木県佐野市多田町字京路戸他で、敷地面積は約1,210,000平方メートル、発電出力は約41.6 MW(DC)で、想定年間発電量は一般家庭約14,900世帯分の年間消費電力量に相当する約44,300,000kWhを見込んでいる。

契約の締結日は2018年4月26日で、発電所の着工日は2018年6月、運転開始は2020年冬を予定しているとのことだ。

juwi自然電力では今年、合計出力200MWとなる複数の工事案件を進行しており、今後も、地域の状況やニーズに合わせたEPCソリューションを提供していくとしている。

(画像は自然電力ホームページより)


▼外部リンク

自然電力 プレスリリース
http://www.shizenenergy.net/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eqcMe3ZXs2.html

自然エネルギーを選んで買う

|