JRE、山形県内最大規模のメガソーラーを建設

2018.04.25 Wed.


竣工式を実施
ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(以下、JRE)は、株式会社酒田港リサイクル産業センターとの共同出資による合同会社「酒田港メガソーラーパーク合同会社」が山形県内にメガソーラーを建設し、竣工式を執り行ったことを2018年4月19日に発表した。

発電量は一般家庭約8,400世帯分に相当
今回建設されたのは、山形県酒田市にて建設が進められていた「酒田港メガソーラーパーク」で、2018年2月1日に竣工し、4月18日に山形県や酒田市の行政関係者、工事関係者、金融機関関係者などを招いて竣工式が行われた。

「酒田港メガソーラーパーク」の概要としては、所在地が山形県酒田市宮海で、パネル設置枚数は163,680枚、設備容量は28,531kWで、年間想定発電量は一般家庭約8,400世帯分に相当し、CO2排出削減効果は年間約16,500トンを見込んでいるとのことだ。

JREでは「酒田港メガソーラーパーク」の竣工により、全国で36箇所、合計発電規模約265MWの再生可能エネルギー発電所を運営していることとなり、今後も、再生可能エネルギー事業に積極的に取り組んでいくとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JRE プレスリリース(PDF)
http://www.jre.co.jp/pdf/news_20180419.pdf

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eikmF3S60U.html

|