電気小売サービス「トライアス電気」コインランドリー店舗への提供開始

2018.09.11 Tue.


2018年9月10日より提供開始
株式会社トライアスは、ビル・マンション共用部向けの電気小売サービス「トライアス電気」について、コインランドリー店舗への提供を2018年9月10日より開始すると発表した。

沖縄を除く日本全国で提供
電気小売サービス「トライアス電気」は、入居者・テナントの電気契約には関わらず、ビル・マンションの管理組合や大家が支払っている共用部に限定し、業務の効率化を図ることで、電気料金を極力下げて提示しているのが特徴だ。

今回トライアスは、不動産オーナーがコインランドリー投資を行っていることが多いことから、不動産投資と親和性が高い業種として、コインランドリー店舗への「トライアス電気」サービス拡大を決定した。

「トライアス電気」の提供エリアは、近畿エリアを中心に沖縄を除く日本全国(エフビットコミュニケーションズ株式会社がサービス提供可能なエリア)で、提供する電力は「従量電灯A/B相当」「従量電灯B/C相当」」「低圧電力相当」と、特別高圧を含む高圧電力だ。

主なターゲットとしては、年間電気料金がおよそ50万~300万円のコインランドリー店舗で、サービス開始日は2018年9月10日で、申し込みはトライアス ホームページより受け付けている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/164511

トライアス ホームページ
https://trias-kanri.com/trias-power

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_evVJb1yuxK.html

|