関西電力、「はぴeポイント」で新サービス開始

2018.11.03 Sat.


電気料金の支払いだけでなく、ガス料金にも
関西電力株式会社(以下「関西電力」)は11月1日から、同社の「はぴeポイント」会員を対象に、新たなサービスを開始した。

「はぴeポイント」は関西電力の顧客が毎月の電気やガスの料金から、またはネットショッピングの利用などでためることができる。利用条件となっている「はぴeみる電」の会員登録数は9月末の時点で約450万人、そのうち約138万人がポイントの会員登録をしている。

ポイントは様々なアイテムに交換できることに加え、ANAやauなど多数企業のポイントにも交換でき、2019年3月からはTポイント・ジャパン社の「Tポイント」との相互交換も開始する予定。

今回のサービス拡大では、「はぴeポイント」を1ポイント1円の割合で、対象メニューの電気・ガス料金の支払いに利用することが可能になった。

買い物のレシートを撮影して、ポイントをゲット
また、参加企業のサービス対象店舗で買い物をした際のレシートを撮影し「はぴeポイント」サイトから登録することでポイントがたまる、新たなサービスも開始した。

関西電力は今後も「はぴeポイント」連携サービスの拡大を続け、顧客と社会の役に立つサービスを拡充していく方針だ。

(画像は関西電力公式ホームページより)


▼外部リンク

関西電力 リリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2018/1031_1j.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eAX5jgLwmU.html

|