自然電力、個人向けに自然エネルギー30%の電気提供を開始

2018.09.21 Fri.


個人向けに自然エネルギー30%の電気を提供
自然電力株式会社は9月19日、個人向け電力プラン「SE30」(自然エネルギー30%の電気)のサービスを、同日に開始したと発表した。

同社はこれまで、利用者に対し自然エネルギー100%の電気である「SE100」を提供し顧客の多くから好評を受けているものの、「非化石証書」を供給電気量に合わせて購入し電気料金にこの料金が上乗せされることから、電気の使用状況によっては価格が高くなる場合もあったという。

このため同社は、手軽に環境価値を取り入れ可能な自然エネルギー30%の新たな電力プラン「SE30」の提供を開始することとしたもの。

「SE30」では、一般的な電力サービスを利用する場合とほぼ同等の電気代で部分的に自然エネルギーが利用でき、また、実際の電気使用量に対し排出されるCO2が30%削減できるものとなる。

「SE100」に比べて価格は3.5%程度安く
具体例として、東京エリアで契約容量40Aの家庭が400kWh/月で電力を消費した場合、「自然電力のでんき」の電源構成では毎月約254kgのCO2を排出するが、「SE30」契約をすると、この内の約72kgのCO2を削減することができるという。

また、電力使用により排出されるCO2の全てを削減する「SE100」に比べて、価格は3.5%程度安くなるという。

現在、「自然電力のでんき」のFIT比率(自然電力グループが設置し保有している発電所から供給している電気量の割合)は、約53%(2017年実績値)で、今後は太陽光発電所だけでなく風力・小水力発電所からの供給を増やすことで、FIT比率をさらに高めた電気を供給していくとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

自然電力株式会社 プレスリリース
http://www.shizenenergy.net/news/15-release/
 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ew4IAdsZXm.html

|