片倉工業、さいたま新都心駅西口と連動しコクーンシティイルミネーション2018を開催

2018.11.10 Sat.  


コクーンシティイルミネーション2018を開催
片倉工業株式会社は11月1日、埼玉県のさいたま新都心駅前にある社有地商業エリア「コクーンシティ」にて、さいたま新都心駅西口と連動して、合計約25万球によるコクーンシティイルミネーション2018を開催すると発表した。

「Wish upon cocoon star」をテーマとした今年は、煌めく星空をイメージしたイルミネーションが街全体を輝かせ、訪れる人々の願いを叶えるとのこと。

また、メイン会場となる「コクーンひろば」(コクーン2)に続く「けやきウォーク」は、金色に光り輝く満天の星のような並木道に変化し、この先には高さ10m超のクリスマスツリーが登場する。

メイン会場であるコクーンひろばのクリスマスツリーは、光が音楽に合わせて変化し、流れ星をイメージした動きのあるロマンチックなショーを演出、並木の輝きとともに撮影に推奨のスポットとなるとしている。

全てバイオマス発電によるグリーン電力を使用
開催期間は11月10日(土)から来年2月14日(木)までで、点灯時間は毎日17:00から23:00(エリアにより異なる)となるが、一部クリスマスツリーなどは12月25日(火)で終了となる。

なお、コクーンシティイメージキャラクターの堀田真由が、11月10日(土)17:00からコクーン2のコクーンひろばで行われる点灯式に登場するとのこと(荒天中止)。

同社では、イルミネーションにグリーン電力を利用していて、コクーンシティイルミネーションに使用する電力は、全てバイオマス発電によるグリーン電力を用いているという(総電力量15,000kWh)。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

片倉工業株式会社 プレスリリース
https://www.katakura.co.jp/news/pdf/2018/p181101.pdf

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_eBBP5xl7NG.html

|