大阪ガス、電気料金の値下げと料金メニューの一部変更を発表

2018.06.13 Wed.


2018年7月1日より実施
大阪ガス株式会社は、2018年7月1日より電気料金の値下げと料金メニューの一部変更を実施することを発表した。

約4.6%の値下げ
大阪ガスは今回、一般家庭向けのモデルケースで現行料金より約4.6%の電気料金値下げと「大阪ガスの電気」ベースプランAおよびベースプランBの料金を一部変更する。

電気料金値下げでは、現行「大阪ガスの電気」の料金で年間約107,800円の場合に、値下げ後は年間約102,800円となり約4.6%の値下げとなり、関西電力株式会社の従量電灯Aと契約しており新たに「大阪ガスの電気」に変更する場合については、値下げ後は年間約5,500円、約5.0%安くなるとのことだ。

ベースプランAは、一般家庭で大阪ガスとガス契約していない人向けの電気料金メニューで、2018年7月以降の変更後は、電気使用量に関わらず関西電力の従量電灯Aより安くなる。

ベースプランBは、大阪ガスとガス契約していない飲食店・商店・事務所・マンション共用部など向けの電気料金メニューで、変更後は、電気使用量に関わらず関西電力の従量電灯Bより安くなるとのことだ。

また、電気料金値下げおよび料金メニューの一部変更については、2018年7月の検針日以降に使用される電気について適用され、すでに契約している人は新たな手続きなどは必要なく、値下げ後、変更後の料金が適用されるので安心だ。

(画像は大阪ガスホームページより)


▼外部リンク

大阪ガス プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_enUNsGaWDG.html

|