大出力・大容量のポータブル電源「R500」、日本市場向け出荷を開始

2019.12.06 Fri.


災害時などにおける電力確保に最適
EcoFlow Technology Japan株式会社は、2019年12月5日、ポータブル電源『R500』の日本市場向け出荷を開始したと発表した。

同社は、ポータブル電源の最先端企業を自認するEcoFlow社の日本法人。『R500』は、災害時などにおける電力確保に最適であると共に、普段からバッテリーステーションとしても使用できるポータブル電源となっている。

ドローンに求められるバッテリー技術を活用
EcoFlow社は、ドローン(無人航空機)事業を展開するDJI(Da-Jiang Innovations)出身のメンバーによって、2017年に設立された。DJIは、ドローン分野における世界シェアが7割以上という企業。同社において、ドローンのバッテリーの軽量化や大容量化に取り組んだエンジニアが、EcoFlow社でもその技術と手腕を発揮している。

EcoFlow社のポータブル電源は、ドローンのバッテリーに求められる高度な技術と、日本企業工場における徹底した安全管理が組み合わさった形で生産される。完成度の高い製品を世界へ提供することで同社は、「クリーンな電力」へ「誰でも簡単にアクセスできる社会」の実現を目指しているという。

85Wソーラーパネルで、停電時で充電可能
『R500』は、最大500Wの大出力と400Whの大容量を誇る電源。充電時間も高速であり、2個のACアダプターを同時接続すると3.5時間でのフル充電が可能となっている。また別売オプションである85Wソーラーパネルを使用すると、停電時でも充電することができるという。

『R500』の販売は、ビックカメラやヨドバシカメラにて開始されている。EcoFlow Technology Japanは今後、正規取扱店にて順次販売を拡大する予定。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

EcoFlow Technology Japan株式会社
https://ecoflow.com/pages/ecoflow-japan-ecoflow

最適なポータブル電源の新製品「R500」を発売しました - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ft9OjJilmY.html

|