三菱電機、「平木尾池水上太陽光発電所」向け太陽光発電設備が竣工

2017.11.10 Fri.

自然エネルギーを選んで買う
「平木尾池水上太陽光発電所」向け太陽光発電設備竣工
三菱電機株式会社は11月9日、三井住友建設株式会社が発電事業を行う「平木尾池(ひらきおいけ)水上太陽光発電所」向けに納入した2.6メガワットの太陽光発電設備が竣工したと発表した。なお、同社が納入した水上メガソーラーとしては最大という。

同社はこれまで、受変電設備、パワーエレクトロニクス、プラント建設などの技術を活用し、メガソーラー発電所の設計・製造・建設・維持管理等の総合的なサービスを提供しているが、水上メガソーラーの機器納入から据付までを担当したのは今回が初めてとなる。

この発電所は香川県木田郡三木町にあり、発電容量は2.6MWとなる。同社が納入したのは、太陽電池モジュール9,504枚と、パワーコンディショナおよび高圧受変電設備(一体型)1式となる。

カスタマイズせずに水上設置に対応し長期保証を実現
この太陽電池モジュールの特長は、国内で開発・生産・品質管理を行い、25年間で出力劣化率20%以内の「リニア出力保証」と、10年間の「瑕疵保証」を実現しているほか、組み立てに「無鉛はんだ」を用い(端子ボックス内の一部を除く)、廃棄時の環境への影響に配慮していることという。

標準仕様の太陽電池モジュールで、耐候性・耐湿性に優れた3層構造のPETフィルムを採用したほか、フレーム・ネジ・プロテクションバーに耐蝕性メッキ処理を施していて、カスタマイズせずに水上設置に対応し、長期保証を実現するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱電機株式会社 プレスリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2017/pdf/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_d0JXj9pprm.html

自然エネルギーを選んで買う

|