三菱商事、オランダで洋上風力発電施設の建設開始

2018.07.05 Thu.

自然エネルギーを選んで買う
発電容量約73万kW、2021年に運転開始の予定
三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)は6月29日、同社が英国子会社を通じて参画するオランダの洋上風力発電事業において、建設を開始したと発表した。

この事業ではオランダの電力会社など3社と共同で開発を進めてきたが、開発が進み事業のリスクが低下した段階でスイスのインフラファンドも参画、株式の一部を譲渡して全5社の体制となった。

オランダの沖合約22kmで建設が開始された施設の総発電容量は約73万kW、2021年に運転開始の予定で、約82.5万世帯分の電力をまかなう見込みとなっている。

経済・社会・環境で価値を実現する事業を
欧州では洋上発電の開発が活発に行われ、2030年までに発電力が5000万kWにも上ることが予想されている。環境、社会、企業統治に配慮したESG投資に対する関心も高い。

三菱商事は英国子会社を通じて、欧州4カ所で洋上発電事業に参画している。今回の事業を含めて総発電量は200万kWを超え、そのうち1カ所は2015年に既に運転開始している。

同社はこれらを通じて培った事業運営のノウハウを活かし、経済、社会、および環境にとって価値の高い案件への取り組みを続けていく方針だ。

(画像は三菱商事公式ホームページより)


▼外部リンク

三菱商事 リリース
https://www.mitsubishicorp.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_epwbplEsdC.html

自然エネルギーを選んで買う

|